2番手以降が楽でいいわ

同人ボードゲームサークル、セカンドオナーのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドラゴンの傷跡について

ドラゴンに挑むこと自体が特殊な選択肢と言えるのだけれど、必ず起こりうる手番ではあるのでその場合の処理について追記しておく。
基本的には通常の冒険に行く場合と同じで良いのだが、ドラゴンの討伐条件が存在する。
条件は二種類でゾロ目を6つ、6ゾロを出すこと、もしくは合計値が40を超えることである。
冒険と大きく違うところは冒険の痕跡エリアの影響を受けないところだ。
なのでゾロ目を狙う場合は自力で出さなければならない。もちろん各種能力を使った上でだが。
痕跡エリアの代わりに存在するのがドラゴンの傷跡エリアである。
ドラゴンに挑んだ場合ゾロ目にならなかったり取得されなかったダイスは、痕跡エリアの代わりに傷跡エリアに置かれ、この後ドラゴンに挑むプレイヤーの手助けをする。手負いのドラゴンは狙い目の獲物なのである。
ただし、冒険の痕跡と違いドラゴンの傷跡は再生していく。ターン終了時に傷跡エリアに置かれているダイスの出目は1ずつ減っていき、1になった場合は取り除かれ共通のダイスに戻る。
この再生の処理がないと傷跡エリアに置かれたダイスはその場に置かれっぱなしでダイスの総数が減ってしまう。が、再生能力を持たないドラゴンという設定ならそれもありかもしれない。足りないダイスは自前で用意しよう。

ちなみにカードのいくつかには痕跡エリアにダイスを追加したり、痕跡エリアのダイスの出目を変更したりする効果があるが、これらの効果は基本的に傷跡エリアにも適用することができる。ルールブックに書き漏らしたことで申し訳ないが、そういうものだと思って欲しい。
これは以前は痕跡エリアと傷跡エリアが分かれていなかったためなのだが、それはまた別の話…

さてドラゴンに勝利したら赤いカード4枚をすべて手に入れて自分の職業ボードと見比べよう必要なものは職業ボードに、それ以外は元の赤いカードがあったドラゴンの下に戻す。これらのカードはドラゴン退治の報酬としてこのあとドラゴンに勝利したプレイヤーが手に入れる可能性があるので注意だ。

その後次の自分のターンまでに誰もドラゴンに勝てなければ、証を持っているプレイヤーが勝者となる。
が、もし、同じ順目にドラゴンに勝利するほかプレイヤーがいた場合サドンデスに突入するか複数勝利で終わる。
どうするかはプレイヤー次第だ、ここがこのゲームの実にいい加減でアナログなところであり俺の気に入っている部分だ。

とりあえず今日はここまで
スポンサーサイト
  1. 2013/09/11(水) 00:52:03|
  2. DiD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お知らせ | ホーム | ドラゴンの傷跡について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://secondhonor.blog.fc2.com/tb.php/12-2a79bfa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来た人

中の人

二等錦

Author:二等錦
二等錦で二トーキンと読みます。セカンドオナーの中の人です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
DiD (11)
お知らせ (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。