2番手以降が楽でいいわ

同人ボードゲームサークル、セカンドオナーのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

職業紹介:忍者

忍者は攻撃力を伸ばすことでその能力を発揮する。
攻撃力の数までのダイスの出目を-1することができるのだ。
一見魔法使いの能力に似ているが、こちらの方が使いづらい。
何故なら出目をマイナスすると合計値が減ってしまうからだ。このゲームでの勝ち筋はゾロ目の数と合計値であるから、この能力を使っていくと勝ち筋が減ってしまうのだ。
しかも、出目を下げれば得られる経験値も減ってしまう、だが、忍者にはもうひとつ、出目が1のゾロ目の数だけ経験値を得る能力がある。
この能力は本来の経験値を得る効果の代替だが、ダイスを取得しないのでカードの取得と並行して行うことができる。
出目を下げる効果を持つ装備は他職業にとって使い辛い分、奪われにくく、装備条件も低めなので、うまく装備を集めれば最も早くドラゴンを倒す可能性を持つのは忍者だと言えるだろう。
nin3.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/02/14(木) 02:31:44|
  2. DiD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職業紹介:盗賊

盗賊は自分の攻撃力や魔法力に左右されない能力を持っている。
山札からカードを引く際、盗賊は2枚ではなく3枚引くことができるのだ。
そのためより有効なカードを集めることができる。
それだけではない、3枚引いたカードは一枚を自分に、一枚を商店に、もう一枚は山札の下にそれぞれ移動させるため、商店を含めた場全体と他プレイヤーの装備をコントロールしやすくなっているのである。
盗賊は、汎用性とインタラクションの強さが特徴の職業なのである。
tozokul.png
  1. 2013/02/14(木) 01:31:03|
  2. DiD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職業紹介:戦士

戦士は攻撃力を伸ばすことでその恩恵を得ることができる職業だ。
攻撃力がそのまま合計値に+されるのでダイスコントロールなど考えずとにかく増やしていればいつかドラゴンでも倒せるようになるに違いない。
が、それだけの大味な職業ではない。
戦士のもうひとつの能力は二刀流である。装備条件の合計が自分の能力を超えなければ2枚の武器カードを装備することができるのだ。
魔法剣二刀流で合計値超強化したり、能力値しだいではコントロール重視に育てたりも可能となるのだ。
戦士は爆発力と意外性を秘めた職業と言えるだろう。
sensi.jpg
  1. 2013/02/14(木) 00:31:17|
  2. DiD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職業紹介:僧侶

僧侶も魔法使い同様、魔法力を伸ばすと有利になる能力を持っている。
神の使徒たる僧侶に許された能力はリロールだ。要はダイスの振りなおし能力である。
魔法力の分までの数のダイスを一度振りなおすことができる。
一見地味な能力だが、最初期は魔法力の分の回数だけ振りなおすことができたので強すぎるということで現在の能力に落ち着いたのだ。
DiDは基本一度しかダイスを振れないゲームなのでこの振りなおし能力は見た目以上に凶悪な性能を持っているのである。
souryo.jpg
  1. 2013/02/14(木) 00:16:53|
  2. DiD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職業紹介:魔法使い

魔法使いは魔法力を伸ばすと有利になる能力をもっている。
しかも2種類だ。
ひとつはダイス一つの目を魔法力の分だけ+する能力。魔法力5になれば。
出目6のダイスが一つは確定する。
もう一つは魔法力の分だけの数のダイスを+1する能力。
ゾロ目を作る場合数字を6に揃えやすくなるし、合計値も増やしやすく使いやすい能力だ。
二つの能力を状況において使い分けることができる魔法使いは事故に強く安定した能力を持つ職業と言える。
MAHO.jpg
  1. 2013/02/14(木) 00:00:33|
  2. DiD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Dices and The Dragon_1

さて、このブログももうちょっと格好つけていかなければならないのだけれど今はとにかく時間がないので必要であろうことを書いていく。

記事のタイトルにもなっているダイシズアンドザドラゴンのことを書いていこう。
名前を見てピンとくる通り元ネタはDDことダンジョンズアンドドラゴンズだ。
ただ、このゲームはドラゴンは特定の一匹しか出てこないのでザドラゴンだ。
名前が長いのでDiD(ダイディー)とでも略して呼んでもらえばいいと思う。

DiDがどんなゲームかというと、名前のとおりダイスゲームで、ボードゲーマーにわかりやすく例えるなら
王への請願みたいなゲームです。
プレイヤーは戦士、魔法使い、僧侶、盗賊、忍者の中から職業を選んで、冒険しながら成長しつつ、誰が一番先にドラゴンを倒すことができるかどうかを競います。
セカンドオナーは生まれたばかりのボドゲサークルです
またおいおい更新していきますのでよろしくお願いします
それでは
  1. 2013/02/06(水) 23:05:23|
  2. DiD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来た人

中の人

二等錦

Author:二等錦
二等錦で二トーキンと読みます。セカンドオナーの中の人です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
DiD (11)
お知らせ (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。